ダーマペンの効果は?クレーターのニキビ跡を治せるのか?【体験談Ep.3:施術1回目】

美容

#アフィリエイト広告を利用しています

ニキビを潰しまくってクレーター肌に悩んでいる30代のメンズです。

ニキビ跡は治らないというのが自分の中で常識となっていて一生この肌と付き合っていくのかと諦めていたある日、ニキビ跡にコンプレックスを持っていることを知った妻が「ダーマペンやってみたら?」と言ってくれ早速美容外科に行ってきました!

ダーマペンとは何か?効果はあるのか?値段はどれくらい掛かるのか?など体験談を紹介していきます!

他の記事を見てもらえればわかりますが完全に個人ブログですので、ありのままをお伝えしたいと思います!

第3回となる今回はダーマペンとハイドラフェイシャルの施術(1回目)の様子をお伝えします。

スポンサーリンク

1回目の施術

カウンセリングで私のニキビ跡をみてハイドラフェイシャルも勧められたので、ダーマペン5回分の他にハイドラフェイシャルも5回分契約しました。

最初に施術したハイドラフェイシャルからどういう事をやったのかお伝えします。

ハイドラフェイシャル

ニキビ跡が結構酷い私は、ダーマペンと一緒にハイドラフェイシャルをやった方が良いとお勧めされました。

ハイドラフェイシャルとは余分な皮脂や角質を浮かせて水流で毛穴の奥まで洗浄する施術です。

ピーリング剤も使用し物理的に角質を剥離したところに美容液を導入することで有効成分がより効果的に浸透してくれるようです。

2種類の美容液を使って顔全体を洗浄してくれました。

マイルドなピーリング剤を使って古い角質を柔らかくし、余分な皮脂や角質を取り除きながら美容液で肌をケアしていきます。

汚れを取り除くのに吸引してくれますが痛みはありません。
唇もやってくれました。

終わった後取れた汚れを見せてもらえました。
写真は撮れませんでしたが、液体の中に取れた皮脂や角質が結構ぷかぷか浮いていて汚れが詰まってたんだなと視覚的に分かります。

時間は大体15分くらいでした。
基本的に口は動かせるので、おしゃべりしながらハイドラフェイシャルを受けられます。

肌は弱い方ですがパッチテストでも異常はなく、本番でも痒みなどは特にありませんでした。

麻酔クリーム

ハイドラフェイシャル後、ダーマペンをやる準備として顔を麻酔クリームを塗ってもらいます。

ラップをして20分くらい放置します。

麻酔クリームを塗った状態

時間が経つにつれて、だんだんピリピリするような変な感じがしました。

しばらく暇になりスマホもいじれますが、手を上に上げ続けないといけないので腕が疲れます。。

ダーマペン

いよいよダーマペンの施術です。
麻酔をしたとは言え、顔を針で刺していくと聞くと緊張します。。

ダーマペンとはペン先についている髪の毛より細い針で皮膚の真皮層に小さな穴を空けていき、傷を修復する肌本来の治癒力でニキビ跡の改善や毛穴引き締めなどの効果が期待できる治療です。

針が上下に振動するので、動作音が少し大きめですが慣れると気にならなくなりました。
会話も聞き取れるレベルです。

まずはおでこから。

潤滑剤にもなる美容液を塗りながらダーマペンをスライドさせていきます。

針の深さは調整出来るので、浅めからスタートして血が滲み出るあたりまで針を深くしていきます。
調整していった結果、おでこは1.25mmで針を刺していきました。

正直、麻酔をしてても手をギュッとして力を入れてしまうくらい痛みを感じました。

おでこの後は、フェイスライン、頬、顎、鼻と順番に施術してもらいました。

おでこもそうでしたが、フェイスラインや頬骨などの少し骨ばったところは痛みを感じました。
逆に頬は針の深さが最大の2.5mmでしたが、ほとんど痛みは感じませんでした。

時間は大体20分くらいで顔全体のダーマペンの施術が終わりました。

ダーマペンの後、オプションでつけてた美容液をたっぷり塗りこんでもらいました。

SRSパック

ダーマペンで傷をつけた肌をケアするためにSRSパックをします。

SRSマスクとは細胞修復などの効果がある美容液をたっぷり含んだマスクで、ネットで購入して自宅でもパックできます。

施術後

顔の状態

施術後の顔はこんな感じです!
真っ赤っか!

ダーマペン施術後の状態

見た目はかなり痛そうですが、ヒリヒリとかはあまり感じませんでした。
麻酔クリームの効果もいつのまにか治って違和感もなくなってました。

会計は契約の時に済んでいるので、パックし終わったあとは直ぐに帰れます。

出血はあまりありませんでしたが、顔面真っ赤っかであまり人と出くわしたくないので助かります。

パウダールームを使うか聞いてくれますがダーマペン施術後すぐはメイク出来ません。

帽子とマスクしても赤みは隠しきれません。
開き直ってこの状態で電車乗って帰ります笑

マスクと帽子で赤みを隠した状態

ちなみにiPhoneの顔認証は通ります。
恐るべき技術です。

注意点

【ハイドラフェイシャル】
施術当日の注意点としては顔に赤みが出た場合はメイクを控えてとのことです。

洗顔やシャワーは普段通りで問題ないようです。

【ダーマペン】
施術後12時間以内は洗顔もメイクもNGです。
シャワーはOKですが、なるべく顔にシャンプーが掛からないようにとのことです。

飲酒についても顔に赤みが出やすくなってしまうため控えた方が良いようです。

また、ダーマペンのダメージでバリア機能が低下しているので日焼け止めを塗ってUVケアをしっかり行いましょう。

乾燥を感じる場合はワセリンで保湿ケアを。

ダーマペン施術後1週間は顔のマッサージやピーリング、スクラブ洗顔も避けましょう。

まとめ

今回はハイドラフェイシャルとダーマペンの1回目の体験談をご紹介しました。

ハイドラフェイシャルは気持ちよくリラックスして施術を受けられますが、ダーマペンは麻酔してても少し痛みを感じます。
でも綺麗になるためなら全然耐えられます!

終わった後は顔が真っ赤でなかなか人と会えませんが、これだけダメージを与えたので肌の回復力に期待です!

次回は、施術後どれだけ赤みが続くのかやクレーターニキビ跡のビフォーアフターをお伝えしたいと思います!

コメント